カードローン審査 落ちる人、落ちない人の違いとは?

カードローン審査 落ちる人、落ちない人の違いとは?

2015年11月14日

カードローンの審査を受ける上で、自分がなぜ落ちたのか?なぜ、落ちなかったのか?
と言う事を明確にする事はできません。

その為、落ちないようにする為には、落ちた人、落ちなかった人の情報を集計して対策するしかないのです。
例えば、カードローン審査が初めての人か、そうでないかによって確認される項目が事なってきます。
初めてではない人の場合、今までの履歴を確認し、返済に不備はなかったか、
例えば、滞納や延滞、又は自己破産などを起こしていないかなどを確認します。

万が一、このような履歴で不備が発見された場合は、
審査に一発で落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。
反対にきちんと返済を行っていた場合は、好印象を与える事ができるのです。

その次に借入金額においても、審査の合否が決まってきます。
まず、消費者金融などのように総量規制が対応になっている所へのカードローンの場合は、
年収の1/3以上の借り入れを行う事ができない事になっています。
その為、初めに年収の1/3以上の金額を明記すると審査に落ちてしまう事が考えられるのです。

その為、もし年収の1/3以上の借り入れを行いたい場合は、
総量規制適応外の銀行のカードローンに申し込みを行う事をお勧めします。

しかし、どちらにせよ借入金額は必要最低限にする事が重要です。
借入金額によって、審査の難易度も変わってくる事から、
審査に落ちない為にも無駄に多めに明記する事は控えるべきだと言う事が言えるのです。

カードローン審査の場合、スコアリングと言う方式を取っており、
すべてを点数化する事で、合計点が合格点に達しているかで、合否を判定するようになっています。

その為、これらの事の他、自宅が賃貸か持ち家かによっても、点数が異なり、勤続年数によっても点数が事なってきます。
このように、細かく点数化されていく為、実際、一見同じようなAさん、Bさんでも、審査の合否が異なってくると言う事が言えると言う事なのです。

総量規制導入後、銀行カードローンが人気の理由

2015年11月14日

金融機関からの借り入れはカードローン・消費者金融のどちらが審査に通りやすく、借りやすいのでしょうか?
昔は銀行カードローンはお堅く審査も厳しいイメージがありました。
消費者金融の方が審査は通りやすい印象を持っている方も多かった事と思います。

しかし、総量規制導入後から状況は大きく変わり、今では銀行カードローンの方が審査に通りやすく、
また当然金利も低いため、借り入れを行うならば銀行カードローンをまず選ぶべきという状況になっています。
総量規制がどう影響しているのか、状況の背景を解説します。

まず、総量規制導入によって規制された主な点としては、

■借り入れ可能となる金額は年収の3分の1以下
■収入の無い方(主婦の方など)は、原則借り入れ不可
■自社の貸付額が50万円を超える場合と、他社を含めて100万円を超える場合には収入証明の提出が必要となる
というものがあります。

以前はこのような縛りがありませんでしたので、審査に与える影響も大きいです。
さらに、実はこの規制は「貸金業法」が適用される金融業者にのみ適用されるものなのです。
消費者金融はこれに当てはまり、銀行カードローンは当てはまらず適用外となっています。
つまり消費者金融は金利が高い上に審査に通りにくいのです。

逆に銀行カードローンはこれが適用されないため、年収の3分の1を上回る金額が借り入れ可能で、
借り入れ額が1つの銀行カードローンから50万円を超えてもそれだけで収入証明を求められる事はありませんし、主婦の方を始めとした収入の無い方も30万円までなら借り入れ可能です。

最近は楽天銀行のスーパーローンなどの広告をよく見かけますが、
200万円までなら収入証明が不要である事などが盛んに宣伝されています。

逆に消費者金融はそういった強みが無い状態ですので、インパクトのある広告も見かけなくなりました。
この事からも、銀行カードローンの方が借りやすく金利面からもお得で、
さらにはイメージも良いため利用者が増えています。

ネットの口コミでも審査に通りやすい金融機関として上位に挙げられるのは、
銀行カードローンがほとんどです。

事業者として消費者金融は非常に苦しい状況に陥ってしまっている事から、総量規制を見直す動きも出て来ていますが、当面はこの状況が続くでしょう。
過去のイメージと真逆の仕組みになっている今、どこの金融機関に借り入れを申し込むかはこういった点をしっかりと予習した上で決めると良いです。

カードローン審査に有効に働く借り入れ件数の減らし方

2015年11月14日

カードローンの限度額は、審査の結果で変わってきます。しかしまだ利用が浅い消費者の場合は限度額も小さ目になりやすい傾向があり、限度額いっぱいまで借り入れをしてしまうとそれ以上のお金を借りることが出来なくなってしまいます。そこで新たに他社のカードローンを利用する方も少なくありませんが、気が付いた時には借り入れ件数が多くなってしまっており、新規のカードローン審査に影響を及ぼしてしまうケースも珍しくないのです。

一般的に、他社からの借り入れが4件以上あるとカードローン審査に通過することが非常に難しくなると言われています。他社からの借り入れ件数が多いと、どうしても返済資金の確保も難しくなる為です。既に他社からの借り入れが数件ある方が新たにカードローン審査を受ける際は、まずは借り入れ件数を減らしてから審査に申し込んだ方が安心です。

他社からの借り入れ件数を減らす手段はいくつかあります。最も単純なのは、残債が少ないカードローンを一括返済してしまう方法です。これは残債分の返済資金が確保されていることが前提になりますが、一括返済をしてしまえば借り入れ件数を一つ減らすことが可能です。まずは現在抱えている他社からの借り入れの残債を確認し、その中で一括返済できそうなカードローンがないか吟味してみましょう。

返済資金が足りなくて一括返済できるカードローンが見つからない場合は、いくつかの借り入れをおまとめローンでまとめてしまうのも効果的な手段だと言えます。おまとめローンは複数の借り入れを一本化することが出来る商品です。現在3件の借り入れがある場合、これらをおまとめローンで一本化することで、他社からの借り入れ件数を1件に減らすことが可能になります。

おまとめローンの利用と似ていますが、限度額に余裕があるカードローンを使い、他社の返済に充当する融資を受けて一括返済をする方法もあります。こうすれば借り入れ件数を増やさずに他社のカードローンを一括返済することが出来るので、融資枠に余裕があるカードローン商品がある場合は、試してみると良いでしょう。
これらの手段で他社借り入れ件数を減らしてから新規のカードローン審査を受けるようにすると、比較的審査に通過しやすくなるはずです。

カードローン審査に通らない3つの金融ブラックとは

2015年11月14日

カードローン審査に何度申し込んでも審査に通らないということであれば、金融ブラックという状態になっているのかもしれません。審査に非常に通りにくくなっている金融ブラックは3つあります。

一つ目はいわゆるブラックリストに記載されていると言われる状態です。ブラックリストというリストが実際に存在するわけではありませんが、信用情報機関の個人信用情報の事故情報の記載のことを象徴的な意味としてブラックリストと言う言葉が使われます。信用情報機関は個人信用情報の収集と管理と加入金融機関への情報提供を業務としています。個人信用情報の内で返済遅延や債務整理や自己破産などのいわゆる金融事故の履歴が記載されているものが事故情報で、この事故情報の記載があると、審査に非常に通りにくくなってしまいます。事故情報の記載が削除されるまでは5年以上の期間が必要です。

二つ目は申し込みブラックという状態です。これは、カードローンやキャッシングやクレジットカードの申し込みなどを短期間の繰り返しているときになってしまいます。それぞれの金融機関によって申し込みブラックになる基準は違っているようですが、一般的には一か月の間に3社以上の申し込みをすればなってしまうようです。ですので、申し込みをする場合にはちょっと時間を空けてすることが申し込みブラックを避ける方法です。申し込みブラックになってしまえば、半年間は個人信用情報の履歴となりますので、半年間は申し込みをしないようにしなければなりません。

最後は社内ブラックという状態です。これは、特定の金融機関のみで審査が通りにくい状態になっていることで、そのような場合になるのかはそれぞれの金融機関で違いがあります。返済遅延や債務整理などが考えられますが、何らかの不利益をその金融機関に与えた履歴のある人が社内ブラックになってしまうことがあります。これは他のブラック状態とは違い、ある期間で情報は削除されないので、社内ブラックはずっと続いたままということになります。

カードローン審査に通る基準とは何か

2015年11月14日

カードローン審査に通す為には金融業者から返済出来ると信用される必要があり、審査に通る基準というのは業者によって違いがありますが、基本的にはどこの業者でも返済能力というものを確認して決定します。

申込み時に注意したいポイントとしては、業者に対して礼儀正しく、受け答えをハッキリ、と言うような事ではなく、返済能力を何で判断されているかをある程度知っておくと準備出来るものです。

礼儀正しくとか印象が良いというような面はチェックする相手によって判断が変わる主観的な要素であり、カードローン審査ではそうした主観を極力省いて客観視出来る部分で判定していきます。

年齢や職業、在籍年数、借金歴、こうした部分は客観視出来る要素であり、誰が見ても判断出来るものですし、基本的には成人以上で収入を持っている方がカードローン申込みを行える土台になり、そこから過去の借金や現在の借入状況等の借金歴も確認して判定するものです。

借金を行って返済するには収入が必要ですから、原則としては収入の流れを持っている事は必須ですし、業者側は安定した収入を持っていて借金歴に傷が無い人の返済能力は高いとみなします。

高収入で在籍年数が長く、借金件数も少なく過去の返済時のトラブルも無いという申込者は貸し倒れのリスクが低いですし、逆に言えば若くて職を転々としており収入が少なく借金件数も多くて過去に延滞や滞納を行っている場合には貸し倒れリスクが高いとみなすのは自然です。

審査に通る為には貸し倒れリスクの芽を少なくしていく事が注意点となり、高収入で無くても安定して収入の流れを持っていれば問題無いですし、借り入れ件数が多い方は整理したり、現在延滞や滞納がある場合には整理して準備を整える事が望ましいと言えます。

書類に関しては一社辺り50万、複数社合わせて100万円を超えない場合は運転免許証があれば良いですし、それらを超えた借金を依頼する時には収入証明書が必要です。

審査基準を知った上でポイントを押さえて審査申込みを行う事が有効と言えます。

カードローン審査で重要な属性とは?

2015年11月14日

カードローンの審査を受ける際、様々な項目において審査を受ける事になります。

まず、自己破産などのブラック情報の有無の確認が第一条件となっており、これをクリアすると、
属性によるスコアリングでの審査になっていきます。

この属性と呼ばれる項目には、細かな内容があり、
一つ一つにおいて、スコアリングされていくようになっています。

属性の主な内容としては、年齢に始まり、職業や勤務先の確認
この場合、公務員が一番良いと言われており、次に大企業、中小企業と言った並びになっています。
その上で、雇用形態のおいても、スコアリングされ、正社員の方がパートやアルバイトに比べ良い評価を得る事ができるようになっています。

その際、勤続年数も重要で、最低でも1年以上働いている事で、良い評価を得る事が可能になっています。
その為、あと少しで勤続年数が1年以上になる場合などは、
もし、時間に余裕があるのなら、1年が経過してから審査に申し込みをする事で、高い点数を得る事が可能になってきます。

次の居住形態においても、チェックされると言われています。居住形態においては、賃貸と持ち家の2パターンになっており、
持ち家の方が信用性が高いと言う事から、高い点数を得る事ができると言われています。

しかし、だからと言って、すぐに家を購入する事など出来ないと思います。
もし、実家などが持ち家の場合は、住民票を実家に移す事でも、持ち家としてカウントしてもらう事は可能になっています。

家族構成においても、スコアリングされ、一人より、結婚している方が信用性があると言う面から、高い点数を得る事ができると言われています。
その他、電話においても、携帯電話だけでなく、固定電話の番号も記入しておく事をお勧します。

一人暮らしなどの場合、固定電話を持っていない人もいるかも知れませんが、最近では、加入権を購入する事なく、簡単に固定電話を利用する事が可能になっています。

もし、少しでもスコアリングを上げたいと思うのならば、固定電話を利用する事もお勧めです。
このような、一つ一つに属性をアップさせる事で、結果的に審査を通過させる事が可能になってくるのです。

カードローンの審査が不安な人の裏技とは

2015年11月14日

カードローンを利用しなければいけない状況になる事は誰にでもあるのではないでしょうか。
誰でも出来る限りお金は借りたくないと思っています。

しかし、やむを得ない事情でどうしても借りなくてはいけないという可能性は誰にでもあります。

しかし、年収がそれなりにあり、今まで一度もキャッシングをした事がなく、
キャッシュカードも真面目に払っているという人なら審査に通るかという心配はまったくありません。

しかし、他にお金も借りてるし、年収も高くないから借りるのは難しいだろうという人もいます。
そんなときにどうしても、お金を借りなくてはいけない状況になってしまったとき、
カードローンを利用する事をあきらめてしまう人が多いと思います。

しかし、そんな審査が不安な人でもローンを通す裏技があるので、是非利用してみると良いです。
どんな裏技かというと、まず基本的なことですが、審査が簡単なものを選ぶという事が大事です。
当たり前の事と思った人もいると思いますが、カードローンは本当にたくさんの種類があるので、すべてを把握しているという人は少ないのです。

自分がどんなところなら審査が通りやすいのかを見抜く事も裏技の一つなので、
ただただ知っているローン会社に審査を通すのではなくて、
あまり有名でないところでも、あなたに合うローン会社があるかもしれません。
そういう所に審査を通しましょう。

他にも、キャッシングを上手く使うコツがあります。
それは、出来るだけ審査が通りやすい時期を狙ってカードローンを作っておく事です。
例えば、これから景気が悪くなるから給料が減るだろうと思う前に早めにカードローンを作っておくという事です。
収入は審査を通すときに絶対的な基準になります。
ですので、当然収入が高いときの方が有利です。ですので、
自分の条件が良いときにあらかじめカードローンを作ってしまうという裏技もあります。

このように、借り方次第で審査を通りやすくする事が出来るので、
どうやったら審査が通るのかをよく考えて、ローン会社の審査の基準を見極めておくことが大事です。
これらの事を参考にしてみると良いです。

カードローン審査は入力ミスに注意

2015年11月14日

カードローン審査を受ける上で注意したいのが入力ミスです。
最近ではインターネットやパソコン、ケータイ、スマートフォンの普及で
公式サイトからお申し込みされる方が増えました。

わざわざ店舗まで行かなくてもお申し込みが出来て、口座に振り込んでもらえるのでとても便利です。
平日の昼間ではお仕事で忙しくてお申込みする時間が無くても、インターネットなら24時間いつでもお申し込みが可能です。
お申し込みページにて必要事項に入力して送信すると審査が開始されます。

しかし入力ミスしていると審査に落ちてしまうことがあるのです。
必要事項には住所や氏名、電話番号、職種、勤務先、勤続年数、家族構成、居住形態、居住年数、保険の種類など様々です。

これらの属性を元にお申込者の信用力や返済能力を判断している重要な必要事項です。
もし入力ミスがあると信用力や返済能力を判断しにくくなってしまいます。

せっかく審査に合格できるだけの信用力や返済能力を持っているのに入力ミスで審査に落ちてしまったら勿体ないです。間違いやすいのが比較的長い住所です。

筆記して記入する場合は自分の氏名や住所などを間違うことはあまり無いです。
しかしパソコン、ケータイ、スマートフォンに慣れていない方はうっかり入力ミスしやすいです。

さらに誤変換していないかも注意し、間違いが無いことを確認してから送信して下さい。
一度確認するだけでうっかり入力ミスによる審査落ちを防ぐことが出来ます。
もし審査に落ちてもすぐにまたお申し込みすれば良いと考えていると後で大変です。

それは1か月に3社以上のカードローンにお申込みすると信用情報に多重申込と登録されてしまうからです。
多重申込が登録されている間はカードローンの審査に落ちやすくなります。
多重申込は半年後には削除されますので、もし登録されてしまっても半年過ぎれば大丈夫ではあります。

しかし急ぎでお金が必要な場合は当然間に合わなくなってしまいます。
なるべく1回の審査で合格しておきたいところです。

カードローンは自分にあった審査方法でより効率的に!

2015年11月14日

カードローンを申し込む際の審査方法は大きく分けて3種類になります。無人契約機での契約、webで完結出来る審査、ウェブで申し込んで郵送でカードを受け取る方法の3つです。

この審査方法の中から自分に合うものはなにかよく考えて審査を受ける事が出来れば
より効率的に自分にあった融資を受け取る事が出来ます。

まず無人契約機での審査ですがこれは街中によくあるカードローン会社の無人契約機の中に入りオペレーターと話しながら契約を行う方法です。

審査がその場で行われるので待ち時間もありますがカードをその場で受け取る事が出来るので早く融資を受けたい人にオススメです。

ただ審査に必要な書類をその場でスキャンするので自分が借りようとしているカードローン会社のホームページなどで必要な書類は何なのか確認し、全て揃えて持っていかなければいけません。書類が揃わなければ審査が出来ないので一度電話で確認すると失敗せずに審査を行う事が出来ます。

次にwebで完結する事が出来るweb審査ですがこちらはカードローン会社によって出来るか出来ないかが決まってくるので融資を受けたいカードローン会社は対応しているのか確認するべきです。
またweb完結審査を行っているカードローン会社を探して融資を受けるという形でもよいです。

メリットとしてはやはりweb完結なので郵送物なども全くなく誰にもばれずにどこでもネットから契約する事が出来るということです。審査も1時間ほどで完了し、必要書類は写真を撮って写真を提出するという形です。

ただこちらのweb完結ですが行っているカードローン会社が少ない事と指定する口座を持っている事が条件となるので条件が合わない方だと銀行口座を開設する事から始まるので時間がかかってしまいます。

最後は上記と少し似ているのですがwebで必要な情報を入力、書類を提出してカードを郵送で受け取るという方法です。こちらはwebだけでは完結しないのですが指定された口座を持っていなくとも申し込めるパターンが多いので指定口座を持っていない人にオススメです。ただ郵送でカードを受け取る事になるので家族と同居しているなどの方にはバレるリスクがあります。

この様にカードローンの審査は様々な方法があります。自分に合った審査の方法を吟味して申し込みを行う事が出来れば自分の思った通りに融資を受ける事も可能です。

メニュー

Archives

Categories

カテゴリ一覧

サイト内検索