カードローン審査は入力ミスに注意

カードローン審査は入力ミスに注意

2015年11月14日

カードローン審査を受ける上で注意したいのが入力ミスです。
最近ではインターネットやパソコン、ケータイ、スマートフォンの普及で
公式サイトからお申し込みされる方が増えました。

わざわざ店舗まで行かなくてもお申し込みが出来て、口座に振り込んでもらえるのでとても便利です。
平日の昼間ではお仕事で忙しくてお申込みする時間が無くても、インターネットなら24時間いつでもお申し込みが可能です。
お申し込みページにて必要事項に入力して送信すると審査が開始されます。

しかし入力ミスしていると審査に落ちてしまうことがあるのです。
必要事項には住所や氏名、電話番号、職種、勤務先、勤続年数、家族構成、居住形態、居住年数、保険の種類など様々です。

これらの属性を元にお申込者の信用力や返済能力を判断している重要な必要事項です。
もし入力ミスがあると信用力や返済能力を判断しにくくなってしまいます。

せっかく審査に合格できるだけの信用力や返済能力を持っているのに入力ミスで審査に落ちてしまったら勿体ないです。間違いやすいのが比較的長い住所です。

筆記して記入する場合は自分の氏名や住所などを間違うことはあまり無いです。
しかしパソコン、ケータイ、スマートフォンに慣れていない方はうっかり入力ミスしやすいです。

さらに誤変換していないかも注意し、間違いが無いことを確認してから送信して下さい。
一度確認するだけでうっかり入力ミスによる審査落ちを防ぐことが出来ます。
もし審査に落ちてもすぐにまたお申し込みすれば良いと考えていると後で大変です。

それは1か月に3社以上のカードローンにお申込みすると信用情報に多重申込と登録されてしまうからです。
多重申込が登録されている間はカードローンの審査に落ちやすくなります。
多重申込は半年後には削除されますので、もし登録されてしまっても半年過ぎれば大丈夫ではあります。

しかし急ぎでお金が必要な場合は当然間に合わなくなってしまいます。
なるべく1回の審査で合格しておきたいところです。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 |