カードローン審査に通る基準とは何か

カードローン審査に通る基準とは何か

2015年11月14日

カードローン審査に通す為には金融業者から返済出来ると信用される必要があり、審査に通る基準というのは業者によって違いがありますが、基本的にはどこの業者でも返済能力というものを確認して決定します。

申込み時に注意したいポイントとしては、業者に対して礼儀正しく、受け答えをハッキリ、と言うような事ではなく、返済能力を何で判断されているかをある程度知っておくと準備出来るものです。

礼儀正しくとか印象が良いというような面はチェックする相手によって判断が変わる主観的な要素であり、カードローン審査ではそうした主観を極力省いて客観視出来る部分で判定していきます。

年齢や職業、在籍年数、借金歴、こうした部分は客観視出来る要素であり、誰が見ても判断出来るものですし、基本的には成人以上で収入を持っている方がカードローン申込みを行える土台になり、そこから過去の借金や現在の借入状況等の借金歴も確認して判定するものです。

借金を行って返済するには収入が必要ですから、原則としては収入の流れを持っている事は必須ですし、業者側は安定した収入を持っていて借金歴に傷が無い人の返済能力は高いとみなします。

高収入で在籍年数が長く、借金件数も少なく過去の返済時のトラブルも無いという申込者は貸し倒れのリスクが低いですし、逆に言えば若くて職を転々としており収入が少なく借金件数も多くて過去に延滞や滞納を行っている場合には貸し倒れリスクが高いとみなすのは自然です。

審査に通る為には貸し倒れリスクの芽を少なくしていく事が注意点となり、高収入で無くても安定して収入の流れを持っていれば問題無いですし、借り入れ件数が多い方は整理したり、現在延滞や滞納がある場合には整理して準備を整える事が望ましいと言えます。

書類に関しては一社辺り50万、複数社合わせて100万円を超えない場合は運転免許証があれば良いですし、それらを超えた借金を依頼する時には収入証明書が必要です。

審査基準を知った上でポイントを押さえて審査申込みを行う事が有効と言えます。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 |