カードローン審査で重要な属性とは?

カードローン審査で重要な属性とは?

2015年11月14日

カードローンの審査を受ける際、様々な項目において審査を受ける事になります。

まず、自己破産などのブラック情報の有無の確認が第一条件となっており、これをクリアすると、
属性によるスコアリングでの審査になっていきます。

この属性と呼ばれる項目には、細かな内容があり、
一つ一つにおいて、スコアリングされていくようになっています。

属性の主な内容としては、年齢に始まり、職業や勤務先の確認
この場合、公務員が一番良いと言われており、次に大企業、中小企業と言った並びになっています。
その上で、雇用形態のおいても、スコアリングされ、正社員の方がパートやアルバイトに比べ良い評価を得る事ができるようになっています。

その際、勤続年数も重要で、最低でも1年以上働いている事で、良い評価を得る事が可能になっています。
その為、あと少しで勤続年数が1年以上になる場合などは、
もし、時間に余裕があるのなら、1年が経過してから審査に申し込みをする事で、高い点数を得る事が可能になってきます。

次の居住形態においても、チェックされると言われています。居住形態においては、賃貸と持ち家の2パターンになっており、
持ち家の方が信用性が高いと言う事から、高い点数を得る事ができると言われています。

しかし、だからと言って、すぐに家を購入する事など出来ないと思います。
もし、実家などが持ち家の場合は、住民票を実家に移す事でも、持ち家としてカウントしてもらう事は可能になっています。

家族構成においても、スコアリングされ、一人より、結婚している方が信用性があると言う面から、高い点数を得る事ができると言われています。
その他、電話においても、携帯電話だけでなく、固定電話の番号も記入しておく事をお勧します。

一人暮らしなどの場合、固定電話を持っていない人もいるかも知れませんが、最近では、加入権を購入する事なく、簡単に固定電話を利用する事が可能になっています。

もし、少しでもスコアリングを上げたいと思うのならば、固定電話を利用する事もお勧めです。
このような、一つ一つに属性をアップさせる事で、結果的に審査を通過させる事が可能になってくるのです。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 |