カードローン審査 落ちる人、落ちない人の違いとは?

カードローン審査 落ちる人、落ちない人の違いとは?

2015年11月14日

カードローンの審査を受ける上で、自分がなぜ落ちたのか?なぜ、落ちなかったのか?
と言う事を明確にする事はできません。

その為、落ちないようにする為には、落ちた人、落ちなかった人の情報を集計して対策するしかないのです。
例えば、カードローン審査が初めての人か、そうでないかによって確認される項目が事なってきます。
初めてではない人の場合、今までの履歴を確認し、返済に不備はなかったか、
例えば、滞納や延滞、又は自己破産などを起こしていないかなどを確認します。

万が一、このような履歴で不備が発見された場合は、
審査に一発で落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。
反対にきちんと返済を行っていた場合は、好印象を与える事ができるのです。

その次に借入金額においても、審査の合否が決まってきます。
まず、消費者金融などのように総量規制が対応になっている所へのカードローンの場合は、
年収の1/3以上の借り入れを行う事ができない事になっています。
その為、初めに年収の1/3以上の金額を明記すると審査に落ちてしまう事が考えられるのです。

その為、もし年収の1/3以上の借り入れを行いたい場合は、
総量規制適応外の銀行のカードローンに申し込みを行う事をお勧めします。

しかし、どちらにせよ借入金額は必要最低限にする事が重要です。
借入金額によって、審査の難易度も変わってくる事から、
審査に落ちない為にも無駄に多めに明記する事は控えるべきだと言う事が言えるのです。

カードローン審査の場合、スコアリングと言う方式を取っており、
すべてを点数化する事で、合計点が合格点に達しているかで、合否を判定するようになっています。

その為、これらの事の他、自宅が賃貸か持ち家かによっても、点数が異なり、勤続年数によっても点数が事なってきます。
このように、細かく点数化されていく為、実際、一見同じようなAさん、Bさんでも、審査の合否が異なってくると言う事が言えると言う事なのです。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 |