カードローンは自分にあった審査方法でより効率的に!

■カードローン審査で重視されるポイントとは?

カードローン審査を行う際、様々な項目において審査を行うと言われています。

しかし、その中でも重視されるポイントがいくつかあり、これらが審査に非常に大きなポイントを占めている事も多くなっています。

まず第一に、信用情報です。今まで、カードローンなどを利用したことがあるかなどの情報の下、その際、滞りなく返済を行ったか?いくら借りたのか?完済しているのか?返済中なのか?また、滞納や延滞など行った事があるのか?など、細かな項目において、審査を行います。

ここで、滞納が発覚したり、ましてや、自己破産など債務整理の経験が発覚した場合、カードローン審査をクリアする事は、非常に難しい と言う事が言えるのです。 次に職業も重視されるポイントになっています。

まず、正社員なのか、非正社員なのかで別れ、その上で、どれだけ安定した職業なのかと言う点について、審査を行います。 やはり、安定した職業の代表的な存在だと言える公務員は、非常に有利になっており、その他、大企業など名の知れた企業に勤務している場合も有利に働くと言われています。 どうしても、職業においての審査では、パート、アルバイト、派遣社員、そして自営業の人は不利に働いてしまう傾向があるようです。

また、職業と同様重視されるのが、勤続年数になっています。カードローン審査の場合、例えば、2年前の収入が300万円、昨年の収入が150万円、今年の収入が400万円とバラつきがある人より、数年に渡り、安定した収入がある人の方が信用度が高くなる傾向にあります。

その為には、同じ会社に長く勤める事が大切になっており、結果的に勤続年数が長い人の方が、高いポイントを得る事ができると言う事が言えるのです。 カードローン審査の場合、このような点において重視される傾向があります。
もちろん、これら以外にも、居住形態や家族構成なども審査のポイントになっており、それらを総合して審査の合否を判断される事になっています。

例外としては、じぶん銀行カードローンは専業主婦でもOKという比較的審査の柔軟なカードローンです。お申し込みの際は比較的オススメです。

■カードローンの審査に落ちた後に見直したいこと

カードローンの審査には「属性審査」「書類審査」「在籍確認」「信用情報調査」があります。

属性審査は申込者自身の年齢、性別、勤務先、家族構成などの情報についての審査で、大事なのは収入と他社からの借入件数です。

まずは安定した収入のある人。年収200万以上という目安があるとも言われていますが、安定した収入があれば大丈夫です。パートやアルバイトでも申し込めるカードローンもありますが、やはり有利なのは正社員です。 他社借入件数が複数ないこと。

他社からの借入が4件、厳しいところでは3件あれば審査に通らなくなります。この借入というのは住宅ローンやクレジットカードでの買い物などではなく、無担保、無保証人の借入のことです。また、借入総額が年収の三分の一を超えている場合も、総量規制で決められた範囲を超えているので審査には通りません。 過去に返済の延滞がないこと。スマートフォンの機種代金を割賦支払することが多いですが、これもローンですので滞納していないことが大事です。 勤続年数が短かすぎない。長ければ長いほど有利です。できれば一年以上は勤めていたいものです。

書類を記入するとき、勤務先を偽ったり、勤続年数を長めに書いたりすることは厳禁です。金融会社は、申込者がちゃんと勤務先に勤めているかの確認のために在籍確認の電話をかけます。在籍確認がとれなければ審査には通りません。 この電話は本人がいなくても、勤めていることがわかればOKです。会社名は出さずに個人名でかけてきますので周囲にカードローンに申し込んだことはばれません。 書類を記入するときは記入ミスのないように注意する必要があります。単なる間違いであっても、嘘の情報だとみなされる可能性があるからです。

カードローンを申し込むときは複数を同時に申し込むことは止めましょう。 申し込んだだけでも、その情報は個人信用情報として記録に残ります。金融会社は申込者の信用情報を照会しますので、審査に通りにくくなります。

メニュー

Archives

Categories

カテゴリ一覧

サイト内検索